申請は、本人や家族の他、近くの居宅介護支援事業者や介護保険施設にも頼めます。

 

市区町村から依頼された調査員が訪問し、心身状況などを調査します。

 

主治医に本人の病気の状況などについて医学的な意見を求めます。

 

調査の結果と主治医の意見書をもとに、「介護認定審査会」で介護が必要かどうか、どのくらい必要か(要介護度)を判定します。

 

申請からおおむね30日以内に認定された結果を市区町村が本人へ通知します。   

             ※新規は原則6か月、更新は原則12か月ごとに見直されます。

認定を受けると、介護支援専門員が本人や家族の意見をもとに、一人ひとりの状況にあったサービス計画を作ります。

※自分で作ることもできます

アクセスカウンター